• ホーム
  • 低用量ピルって何?飲み方は?気になる疑問を解説します

低用量ピルって何?飲み方は?気になる疑問を解説します

多様な薬と瓶

低用量のピルには女性ホルモンが含まれていて、経口避妊薬とも呼ばれ、コンドームよりも高い避妊率があるともいわれています。経口避妊薬と呼ばれている通り、ピルと同じように高い避妊法がありますが、出産経験がない場合には適さない方法です。確実にそして安全に避妊を希望している場合には、低用量ピルの服用がおすすめです。もともとピルの主流は、ホルモンの量がより多く含まれている中容量のピルでしたが、身体への影響が少ない低用量ピルが主流に切り替わっています。

低用量のピルにはエステロゲンとプロゲストーゲンの2種類で構成されています。飲み方は一日一錠ずつを毎日21日間服用を続けるだけで、7日間はピルの服用をお休みします。お休み期間の2~3日目になると月経時と同じように出血が発生します。月経のように出血する原因は、ピルに含まれている女性ホルモンの作用が失われてしまうからです。7日間のお休み期間を経て、8日目にはまたピルを飲み始めます。正しい飲み方で、ピルは21日間忘れずに続けるためにシート状になっています。

ピルを飲み続ける21日間とお休み期間の7日間の合計が28日間となり、28日間の月経周期をキープすることができます。ピルのシートの種類には、7日間のお休み期間中にピルの錠剤を服用するといいう習慣を継続的に、忘れずにするために、わざとホルモン剤が含まれていない薬を服用するという偽の薬を7錠分設定しているタイプもあります。お休み期間をなくすことによって、一日一錠ずつ継続的に飲み続けるという習慣を身に着けて、飲み忘れを防止を期待することができます。

ピルの服用は21日間毎日となりますが、服用する時間にはとくに決まりがありません。それぞれ個人のライフスタイルに合わせて、飲みやすくそして飲み忘れをしない時間に服用する習慣をつけることがおすすめです。飲み忘れたときにも1日でしたら気づいたときに1錠飲めば大丈夫で、次の日になったらいつもの時間にまた飲み始めます。ただし、避妊率が低くなってしまうため2日以上の飲み忘れには十分注意をするようにします。シートタイプとなっていますが、飲んでいるシートを飲みきってから新しいシートに移ります。生理になってしまっても気にせず飲みきるようにします。21日タイプであれば7日あけてから8日目に新しいシートという流れになります。

副作用の心配に関しても服用前に病院の先生に確認してから処方してもらうようにします。購入方法は病院で処方してもらうと安心・安全ですが、通販を利用すると処方せんなしでも購入は可能です。処方せんが不要なので、慣れてきたら通販という購入方法も選択肢に入れることが可能になりますが、副作用が出た場合には病院に受診するように心構えを持つことも必要になります。