• ホーム
  • トリキュラーは世界中から支持を受けている低用量ピル

トリキュラーは世界中から支持を受けている低用量ピル

元気を出す女性

ピルを選ぶときには、病院で服用の目的を確認したあとに費用の説明が行われます。問診票の記載をおこなったあとに、血圧や体重の測定が行われます。問診票の確認や喫煙の有無、体調などを考慮されピルを服用しても問題ないと判断されたのちに、副作用などの説明があります。低用量ピルは一相性と三相性の2種類に分けることができます。違いはホルモンの組み合わせによって分類することができ、その中でも世界各国で数多く服用されている低用量ピルがトリキュラーです。

今までアンジュやラベルフィーユを服用している場合にはトリキュラーへの切り替えを推奨することが多々あります。処方されるピルの種類はピルの使用目的に合致するものを処方されますので、使用目的は虚偽なく伝えることが大切です。トリキュラーは三相性ピルに分類され、1周期服用する間にホルモンの量を3段階に増減していきますが、この段階にわけて増減されることによって、1周期中のエステロゲンの量を減らすことができ、ピル服用中に発生する不正出血の確率も低下することが可能になりました。1シート目を服用するとき(はじめてピルを服用するとき)には、15%ほどのかたに少量の出血が発生するという現象が現れてしまいます。

生理ではない出血は不正出血となりますが、原因は副作用ではなく、自分の体内にある女性ホルモンとピルに含まれている女性ホルモンのバランスが関係されているといわれています。ホルモンバランスは2シート目を服用するころには安定するため、ほとんどの場合、不正出血がなくなります。ただし、3シート目(飲み始めてから3ヶ月目)を過ぎても不正出血がある場合には、服用しているピルとの相性も関係してくるため、処方を受けている病院に相談をして、ピルの種類を変更するかどうかの確認をすることがおすすめです。

不正出血は飲み忘れや飲むタイミングが遅れてしまったという場合にも発生しますので、単純に有効成分が体に合わないということではありませんので、ルールを守って服用することが大切になります。トリキュラーの有効成分にはエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルという女性ホルモンが配合されています。エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルによって、身体が卵胞が成熟していると勘違いをお越し、性腺刺激ホルモンが分泌されずに、卵胞の成長をストップさせることから排卵抑制効果が生まれることが特徴ます。トリキュラーの一番の特徴は、世界各国で服用されていることから臨床実績も豊富にある排卵抑制と知名度が高いピルです。

トリキュラーは通販サイトからも購入することができるので、誰でも簡単に手に入れることができます。トリキュラーを通販する際に起こるトラブルは全て自己責任となりますので、信頼できるサイトを選ぶことを心掛けましょう。