• ホーム
  • コンドームをつけていても妊娠する理由って何?

コンドームをつけていても妊娠する理由って何?

コンドームでの避妊方法ですが、実は2割程避妊失敗する確率があるといわれています。コンドームの避妊率が100%でない理由は間違った使い方が理由です。特に勘違いされているのが装着するタイミングです。射精の瞬間にさえつけていれば妊娠しないと勘違いしている人も多くいて、そのタイミングの間違いから避妊に失敗してしまったというケースが少なくありません。

また、ときには女性が男性につけてあげるケースも見受けられますが、女性の長い爪でを傷つけてしまい、ゴムに傷が入ってしまったり、ときには破損してしまったという避妊失敗もあります。またまとめ買いをしていたコンドームが使用期限が過ぎてしまって、劣化による破裂してしまったというケースも少なくありません。まとめ買いや購入してから日数が経っているものを使うのではなく、新しいものを使うようにすると劣化の心配を防ぐことができます。コンドームには使用期限があります。使用期限が過ぎてしまったものは破損しやすく避妊の失敗に繋がります。

直射日光や高温多湿の場所を避けたり、防虫剤と一緒に保管しておくことも避けましょう。また、財布や化粧ポーチなどに入れている人もいますが、摩擦で破損してしまう可能性があります。持ち運びたいという場合にはアルミケースなどに入れて破損しない状態で運べるケースを利用することがおすすめです。使用後、射精後はそのままにしていると、精液が膣内に漏れでてしまうため、そのままではなくコンドームをつけたまま膣から出して、精液がこぼれないように口をしっかり縛って廃棄するようにします。妊娠を防ぐためにも、避妊率をアップさせるためにも正しい使い方は重要になってきます。

コンドームの正しい使い方は、封を開けるときには、傷をつけないように端にずらしながら開いていきましょう。袋から取り出すときには、爪をたてないように注意し、裏表を確認してから先端をつまんで空気を抜いていきます。装着するときには、勃起した男性器に被せて根元までおろしますが、その際毛を巻き込まないように注意しながら装着してください。根元までコンドームを落としたら、男性器の包皮と一緒に引き上げてから降ろすことを繰り返し行っていきます。

そうすることによって、脱げにくくなり、男性器にしっかりとコンドームが付着されるからです。人によっては2枚以上のコンドームを重ねて使う人もいますが、複数枚使うと破けやすくなるため1回につき1枚使うようにします。射精後はすぐコンドームを抑えながら男性器を膣から抜き出して、精液が漏れたり膣付近に付着しないよう外していきます。縛ったあとにはティッシュなどで包んで処分してください。