• ホーム
  • アフターピルは低用量ピルとは別物!どんな違いがあるの?

アフターピルは低用量ピルとは別物!どんな違いがあるの?

悩んでいる女性

低用量ピルは正しく疲れていればほぼ100%の避妊効果が期待することができるだけでなく、生理不順、月経前症候群などの治療にも使われています。低用量ピルの成分はエステロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンに似ている成分2種類が配合されていて、飲むとエステロゲンとプロゲステロンが分泌している状態と体内では判断されます。

妊娠中と同じホルモンバランスをキープすることができるため、脳が妊娠していると判断し、排卵をストップさせる勘違いを起こすことが可能です。低用量ピルを服用すると子宮内膜を着床しにくい状態となって、精子を子宮に入りにくい効果があるため、より避妊効果を期待することができます。低用量ピルといっても種類が豊富にあって、タイミングは首里によって異なるため、正しく服用することによって適した効果を得ることが可能になります。

一般的には1日1錠を21日間同じタイミングで飲むことになりますが、1日程度では飲み忘れも大丈夫でしょう。効果が気になる場合には、一旦服用を中止して月経がはじまってからまた再開することが安心です。アフターピルは緊急避妊薬のことです。同じピルなのではないかというイメージがありますが、別物となり、低用量ピルは妊娠を防ぐための予防しているというイメージ、アフターピルは緊急避妊薬として24時間以内に対応する薬というイメージです。性交渉後に服用するピルで、飲むタイミングが早いほど効果が高まりますので、飲む時間が鍵となります。

効果は排卵を抑制したり遅らせることによって授精を防ぐことを目的として服用することとなります。日本では以前は緊急避難薬がなかったため性交渉後にヤッぺ法のみが行われていました。ヤッぺ法は高容量のホルモン剤を利用する方法がとられていましたが、現在ノルレボ法も処方されています。

ノルレボ法は黄体ホルモンのレボノルゲストレルを服用する方法で、ヤッペ法に比べると緊急避妊の効果の高さそして安全性も優れているといわれています。ただし、ヤッペ法とノルレボ法をどちらを選ぶかは患者のかたの選択です。低用量ピルとは別物のアフターピルは72時間以内に服用すれば80%、24時間以内に服用すれば95%の確率で避妊可能です。吐き気などの副作用があり、服用してから2時間以内に副作用から嘔吐してしまった場合には、薬の成分が体内に吸収されずに排出されてしまった可能性が高まりますので、追加服用の必要性があります。