• ホーム
  • アイピルで望まない妊娠を確実に防ぐ!

アイピルで望まない妊娠を確実に防ぐ!

性交渉後に望まない妊娠を防ぐために飲む避妊薬がアフターピルです。アフターピルの服用は早ければ早いほど薬の効果がアップします。アフターピルには、ヤッペ法とノルレボ法の2種類あります。それぞれの特徴として、ヤッペ法は価格は安いですが吐き気が起きやすく、ノルレボ法は価格は高めですが副作用がほとんどありません。アフターピルには種類が豊富にありますが、ノルレボジェネリックトして有名なアイピルは利用者が多く通販でも購入可能です。

アイピルの有効成分はレボノルゲストレルですが、排卵を抑制したり遅らせる効果があるといわれています。アイピスの服用は性行為後12時間以内であれば阻止成功率99.5%、24時間以内であれば98.2%です。通常アフターピルは性行為から服用までのタイムリミットが72時間といわれていますが、それよりも長い120時間以内という薬も販売されています。アイピルの場合には、副作用も伴うことがあります。

レボノルゲストレルによる副作用として吐き気や頭痛、胸の圧痛などがあり、避妊法としてピルを利用するのであれば、低用量ピルを服用することがおすすめです。低用量ピルは海外で愛用している人が多く、有効成分は避妊以外にも生理不順などの効果があり、正しく服用していればほぼ100%の確率で避妊が成功することが特徴します。アイビスはあくまで緊急避妊薬です。

低用量ピルは日頃から飲み続け、妊娠することを予防しますが、アイピルを含めてアフターピルと呼ばれているものは緊急性の避妊薬です。避妊に失敗してしまった場合など望まない妊娠をしてしまう可能性があるときに服用してください。服用するタイミングが早ければ早いほど、排卵の抑制や受精を防ぐことができ、結果妊娠を確実に防ぐ可能性がアップします。避妊の失敗だけでなく、万が一犯罪などのトラブルから妊娠してしまう可能性があり、それを防ぎたいという場合には、病院に駆け込み処方してもらうということが通常の流れとなりますが、時間との勝負のアフターピルを持っていれば心強い味方となります。

病院に行きづらいという理由から服用のタイミングを逃してしまい、望まない妊娠をしてしまったということになる前に、お守りとなるアフターピルを所有しておくという方法もあります。ただし、緊急避妊を行う際に120時間という長時間の猶予があるアフターピルは、望まない妊娠を防ぐことができますが、ホルモンバランスを急激に変えるため、成功率は高いものの常に使うことは危険が伴います。避妊薬として常に使うのではなく緊急性が高いときのみ使用し妊娠を防ぐことに利用します。